ABOUT | CRAFTSTUDIO1835(クラフトスタジオ1835)

ABOUT

【CRAFT STUDIO 1835】クラフトスタジオ1835

当工房は、1975年に東京の下町にて父である太田昇によりハンドバッグ問屋として創業しました。その後、製造問屋として活動して来ました。仕事も好景気の波に乗りますが、バブル崩壊と同時にゼロからのスタートとなります。
そこで、現在の『CRAFTSTUDIO1835』の前身となる『Le.Autan』と言う名の工房を茨城県に開く事になります。
これからの製造業には女性のきめ細やかな製品に対する心遣いが必要と思い、女性の登用をしてまいりました。仕事を製造一本に絞り、女性の感性を大切にした女性職人が主となる工房スタイルが定着します。
一流ブランドからの依頼にも高いクオリティをもって応えてきました。
各ブランドから出される厳しいテストをクリアし、とくに縫製の技術では海外生産品には真似できない高いクオリティであると自負しております。

しかし現在、日本の製造業は工賃の安い海外生産への依存が高まっております。もちろん『Le.Autan』もその煽りを受けOEMの生産依頼も激減しております。
そこで、本年より息子である熊谷浩資により日本の工房を茨城県のこの地に残す為、自社での企画・製造・販売をする『CRAFT STUDIO1835』を開業いたしました。
開業一年目ではありますが、1975年からの歴史とこの茨城県で30年以上有名ブランドを製造してきた技術と経験を受け継いでおります。

また今年1月より【Made in Nippon】の製造業を残す為、CAMPFIRE様よりクラウドファンディングにも挑戦し沢山の応援・ご支援をいただきました。
そして皆様のお陰により『Walentage』(ワランタージュ)と言うブランド名の商標を取得することが出来ました。造語ではありますが、【Wa=和】には日本という思いが込められております。

コロナ禍で大変な時期ではございますが、この茨城県の地より日本の製造業を盛り上げていきたいと思っております。